【 私たちについて 】

About us

VISION >>

障がいも、病気も
テクノロジーで超えていく

メガネを掛けた人を「視覚障がい者」と呼ぶ人はいません。
科学の進歩が、障がいを障がいではなくしているひとつの事例です。
それと同じように、テクノロジーを上手に活用することで、身体や発達、精神の障がいだけでなく、
病気ある人、不登校や引きこもりの人たちにも様々な可能性が見えてきます。
キーワードは、「テクノロジーを活用した学習機会と就労機会の増加」です。
“多様性”とは、人種や性別だけでなく、障がいや特性、働く理由、働き方、そして生き方にもいえると考えています。
サンダーバード株式会社は、ドローン、人工知能、5G、VR等の最新技術を追究しながら、
すべての人がより豊かに生きられる社会の実現に向け、歩み続けていきます。

Next

Story >>

きっかけは、
難聴者の子どもたち

代表がまだ会社員のシステムエンジニアだった頃、
聴覚障がいの高校生たちと出会いました。

彼らは聾(ろう)学校で学び、やがて社会へ出ますが、
進学も就職もできない学生が一定数いることを知りました。
痴漢に遭っても声を出せない女子生徒がいること、
電車内のアナウンスが聞こえない不安があること、
病院で症状を伝える難しさがあることも知りました。

しかし、スマートフォンがあれば、
できることがあることに気づきました。
耳が聞こえにくくても、
プログラミングできる可能性に気づきました。

テクノロジーは使う人を選ばないことを、
もっともっと伝えるために生まれた会社です。

Next

policy >>

テレワーク×フレキシブル
働けないをなくす仕組み

当社は2018年、2019年と総務省が行う「テレワーク先駆者百選」に選ばれました。
総務省では、テレワークの導入・活用を進めている企業・団体をテレワーク先駆者とし、その中から十分な実績を持つ企業等を「テレワーク先駆者」としています。
当社では現在、発達障害者グレーゾーンのクリエイターや自閉スペクトラム症のエンジニアが活躍しています。
さらには、障がいのある子をもつお母さんにも在宅勤務でお手伝いいただいております。
今後もテレワークを推進しながら多様な働き方を提案してまいります。
また、勤務ではフレックス制を導入し、
コアタイム以外で働く時間はスタッフ自身が決めています。
育児や介護、服薬など様々な事情を抱える人であっても、働く時間まで選べるようにしています。
当社で働きたいと思ってくれる皆さんが100%のパフォーマンスで働けるような配慮を続けています。

<< Back to Top